ikumozaiAGA治療で使われる代表的な薬であるミノキシジル。
副作用はやっぱり気になってしまいますよね?

で、調べてみました。

ミノキシジルの副作用 頭皮のかゆみ

日本で唯一ミノキシジルを含んだ育毛剤「リアップ」。

リアップの販売元である「大正製薬」のよくある質問ページに副作用が載っていました。

http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/faq/

Q12なんですが、「かゆみと炎症」なんだそうです。
実際に他にもいろんなサイトがあったんですが、他でも「かゆみ」がよく書かれていました。

なぜ痒みが発生するのか?と言うのははっきりとはわからなかったのですが、
実際に多く出ている副作用がかゆみということでした。
(アレルギー説が濃厚かな?)

ミノキシジルで痒みが出ることをミノキ焼けとも言われているようでした。ただこの副作用は全員が出るというわけではなく、かなり個人差があるようでした。

血圧の低下

次にあげられるのが血圧の低下でした。

元々ミノキシジル自体が「血圧を下げる薬 = 降圧剤」として処方されていたのが原因みたいです。

まぁ原因というよりも元々の効果が出たというのが実際のところかもしれません。
血圧が高い人であれば問題無いでしょうが、低血圧の場合、使用するときは気をつけないといけなさそうです。

ニキビ・肌荒れ

上記に書いたように降圧剤で販売されていたため、「血管拡張」の働きを持っています。
それによって皮脂分泌も多くなることでニキビや肌荒れが引き起こされてしまうようです。

大きくミノキシジルの副作用を見るとこのような感じでした。
今回は折り合えずここまで!
また詳しく書いていこうかと思います。