なかでもシャンプーの成分に影響されることが知られています。
そもそも、フケやかゆみで悩んでいる人の多くは市販の石油系シャンプーを使っています。石油系シャンプーは値段が安く強い洗浄効果がありますが、必要以上に皮脂を取り過ぎてしまって頭皮を乾燥させます。これがフケやかゆみの原因となります。
反対に、皮脂分泌が多すぎても頭皮が汚れて炎症が起きやすくなり、フケやかゆみの症状を引き起こします。
つまり、適度な皮脂分泌量にまで正常化してやれば、乾燥や刺激から頭皮を防ぎ、かゆみがなくなるというわけです。
このようなことから、頭皮のかゆみを抑えるシャンプーとは、頭皮や髪を適度に潤す保湿成分が入っているものや皮膚の炎症によい消炎作用や殺菌作用のある成分が含まれるものを選びましょう。

天然洗浄成分

市販されているシャンプーの多くは合成界面活性剤やシリコンが使われています。石油系シャンプーではおなじみの成分ですが、洗浄力が強いため洗いあがりはスッキリして気持ちが良いのですが頭皮環境のコントロールに必要な皮脂まで洗い流してしまい、かえって乾燥を招きフケが出やすくなります。またこれらの石油系成分は毛穴を詰まらせる原因にもなりますので、かゆみを増やします。
頭皮のかゆみを抑えるためには、肌にやさしい天然の洗浄成分を選びましょう。たとえば、植物由来のアミノ酸系洗浄成分が使われているシャンプーおすすめです。アミノ酸系洗浄成分は洗いあがりもよく肌にやさしいのが特徴です。さらに、頭皮に必要な皮脂はそのままに、余分な皮脂汚れを洗い流す効果があります。また、アミノ酸は毛髪細胞の血行促進にもすぐれています。
頭皮の健康に適度な皮脂を残したまま毛穴をきれいにしてくれるので、健康な頭皮環境へと導いてくれるのです。

生薬配合

その他の成分にも注目