ウーマシャンプーは頭皮正常化をコンセプトに開発された新発想のシャンプーです。
頭のかゆみを抑えるために鍵となるのが頭皮の正常化です。
頭皮を覆っている皮脂は適度な量であれば、紫外線や乾燥といった外部からの刺激を保護する機能を持ちます。しかし、洗浄力が強い市販のシャンプーで洗い流しすぎると、表皮を保護するためにそれまで以上に皮脂を過剰に分泌することになり、かえって皮脂汚れがひどくなります。こういった状態を放置しておくと、毛穴が詰まりやすくなったり毛髪細胞の血行が鈍化したりするので、フケやかゆみだけでなく抜け毛や頭の臭いの原因にもなります。

最高級のこうね馬油

そこで、ウーマシャンプーは毎日使うシャンプーを通して頭皮環境を改善し、正常化する目的で開発されました。特に、注目なのが、最高級のこうね馬油を使うことで、脂分である皮脂をサッパリと適度に洗い流せるということです。
古来より、人間は馬を移動手段や農耕のために大切に育ててきました。そのなかで馬油が肌によいということを知り、皮膚の炎症やかぶれに利用していました。最近では馬油に脚光が浴びて、スキンケアクリームや各種化粧品に配合されて使われています。
ウーマシャンプーの主成分である馬油には不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。
この不飽和脂肪酸は頭皮の健康をサポートする栄養分であるものの、体内では作り出すことができないため、日頃から取り続けなければならない成分です。しかも、他の植物性脂肪や動物性脂肪に比べて馬油は肌への浸透力が高く、不足しがちな皮脂を効率的に不飽和脂肪酸を補うことができます。また、人間の皮脂の成分に大変近いので、肌に馴染みやすいのもポイントです。
ウーマシャンプーでは、この馬油のなかでも最高級と評されるこうね馬油を贅沢に使っています。なんと、1頭からわずかしか採ることができない貴重なものです。通常の馬油よりも、人間の皮膚に対して高い浸透力を持っているほか、頭皮を柔らかくマッサージ効果にもすぐれています。頭皮の状態を健康に導くので、かゆみだけでなく毛髪の発育にも効果を発揮します。
皮脂が多い異常な頭皮のままではどんなに市販のシャンプーを続けても悪循環から脱することはできません。ウーマシャンプーのこうね馬油は頭皮にとことん染みこんで頭皮環境を正常化します。その結果、皮脂の過剰な分泌をコントロールして頭のかゆみを抑えてくれるのです。

アミノ酸系洗浄成分

普段使っているシャンプーの洗浄成分がどういう性質のものなのかは、頭皮環境の改善を左右するとても大きな問題です。
シャンプーには大きく分けると、石油系、石鹸系、アミノ酸系の3つがあります。
市販されているシャンプーのほとんどは石油系です。これは比較的安価に大量生産できるメリットがありますが、洗浄成分が強すぎるため肌に残ると頭皮にダメージを与えてしまいます。
また、石鹸系のシャンプーは、肌にも環境にもやさしいのですが、洗いあがりが良くありません。髪の毛がごわついたり、皮脂をしっかりと洗い流せないこともあります。
そんななかウーマシャンプーでは植物由来のアミノ酸系洗浄成分を採用しています。アミノ酸系は洗い上がりも程良いうえに、肌にも環境にもやさしいのが大きなメリットです。また、汚れを落としながら頭皮環境の悪化で滞りがちな栄養であるタンパク質を髪に行き渡らせます。ただ皮脂を洗浄するだけでなく、必要な栄養も補えるというのが嬉しいですね。
ウーマシャンプーなら、不飽和脂肪酸が豊富で浸透力抜群の馬油とともに植物由来のアミノ酸系洗浄成分を使うというダブルのアプローチで、弱った頭皮の正常化を目指します。頭皮そのもののが健康になれば頭のかゆみも知らないうちになくなっていることでしょう。
>>ウーマシャンプーの魅力をもっと知るならこちら!