stress以前に書いたこちらの記事(⇒AGA 原因)で、DHT(ジヒドロテストステロン)が原因と書いていましたが、どうやらそれだけはないみたいです。

なにが原因か?というとDHTが増加するとその影響でIGF-1というものが減ることも原因の一つになっているとのことでした。

IGF-1は成長因子の一つで体の成長に欠かせないもので、思春期を超えると減っていき、成人男性では思春期の40%まで低下しているみたいですw(゚д゚)w
じゃあこのIGF-1を増やすとどれくらいの効果があるの?と気になって調べてみるとあるサプリメントでの実験結果を発見しました。
その実験をしたのがこのサプリ。

ダブルインパクト

実験した人の髪の毛を見たい人の髪の毛が確かに生えている!!
しかもそのサプリでIGF-1を増やした結果、発毛確率は90%!
医薬品として認められているプロペシアですら発毛確率は54%(こちらに書いています。⇒プロペシア 効果)しかないのに(;・∀・)

この結果は世界的にもすごいことだったらしくて、海外の有名な学術論文にも掲載されたそうです。

ということで改めて言いたいのは、DHTは原因の一つであるのは確かですが、IGF-1もDHTの影響で減少しているのもAGAの原因となっているということです。
だからIGF-1を増やすというのはAGA対策には大事な方法の一つだと思います。