AGA 原因そもそもAGA治療をするには原因って何?ということでまずは原因を調べてみました。

AGAを引き起こす一番の原因は「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが原因となっているとのことでした。

 

このDHTはひげなどの体毛を濃くする働きを持っているホルモンなんですが、なぜ頭皮においては薄毛に導いてしまうという厄介な役割をしているようです。

 

このDHTはそれ自体が体から出るのではなく、筋肉増大、骨格の発達に関係するホルモン「テストステロン(別名:モテホルモンw)」と、テストステロンを成長させるための酵素「5αリダクターゼ」が結びつくことで発生するようです。簡単に書くとこのような感じ。

 

テストステロン+5αリダクターゼ = DHT(ジヒドロテストステロン)

 

 

なのでAGAが進むか進まないかというのは実質テストステロンか5αリダクターゼの量によって決まってきます。

特に5αリダクターゼについては遺伝の影響を受けていて、特に母方のおじさんの遺伝子によって影響される可能性が高いらしい。だから残念なことにハゲは遺伝に影響されるというのは実際のところ間違ってはいないという事実が判明しました(;・∀・)

 

とりあえず今回はここまで、なぜAGAが引き起こされるのか?というそもそもの原因について調べてみました。