植毛 失敗植毛はこちらの最初にも書いたように(⇒AGA治療効果)日本皮膚科学会の選ぶAGA対策トップ3の一つとなっています。

他の2つは薬で処方されるのに対して、この植毛だけは外科手術となるのが特徴なんですが、「移植」「手術」となると気になるのが失敗。100%成功する手術がないように、やっぱり植毛でも失敗があるんじゃないか?と気になり調べてみるとやっぱり失敗は有りました。

失敗には具体的にはこのようなものがあるようです。

  • 生えてこない
  • 傷跡が残る
  • 毛の生え方が不自然

具体的に見ていきたいと思います。

植毛で毛が生えてこないことがある?

植毛をすると100%絶対に毛が生えてくるというわけではないみたいです。
理由は移植はどうしても拒否反応が出る場合があったり、すべての髪の毛が絶対に移植成功するわけではないからとのことでした。

よく心臓移植とか、肝臓移植とかの臓器移植の話をテレビで聞いたことがあるかもしれませんが、他の人の物が体内に入ってくると拒否反応を起こしてちゃんとした働きをしてくれない場合があるのと同じことみたいです。ただし自分の髪の毛を移植する自毛植毛においては拒否反応が出て生えてこない確率は低いというのが実際のところのようです。

いろんなクリニックなどで植毛の成功確率を出しているんですが、どこも90%以上と高い確率で生えてくるようになってくれているようでした。だからこの生えてこないというのはあまり気にしなくて良さそうです。まして移植がうまくいく行かないに関してはどうしても自分の体質も影響するのでやってみないとわからないというのもわかる気がします。

問題なのが残りの2つです。

植毛の傷跡は絶対に残る?

これもどうしても残ってしまうのは避けられないようです。

以前こちらの記事(⇒植毛 傷跡)でも書きましたが、どうしても頭皮から毛根を採取する以上は傷ついてしまうのはしょうがないのでしょう。といってもこれの場合は跡の残りにくい方法でしてもらえるところを探すとクリアできそうな問題ですね!

毛の生え方が不自然で植毛とバレバレ

個人的に一番問題だと思ったのが不自然に生えてしまうことです。

生えてきたのに明らかに周りの髪の毛と生え方が違って、植毛したのが明らかにバレてしまうとか本当に嫌ですよね(;・∀・)
しかも植毛で生えてしまう以上はそれから先の人生一緒に過ごすわけですから。

本来、人の髪の毛は場所によって生える向きが違っていて、単純に採取した髪の毛をただ単に並べて移植というわけにはいかないようで。移植する髪の毛がどの向きで生えてくるか?考えて移植しないと不自然な生え方になってしまうようです。だから移植のタイミングで大事なのが生えた時にもどういった向きで生えるか?までちゃんと考えて移植してもらうことです。

この「生え方」に関してはやっぱり「経験則」というのは欠かせません。移植しようとする毛がどれくらいの量で、どの向きにどれくらい生えるかをしっかりと把握している医者でないと難しいということでした。

植毛は成功も良いこともいっぱい

植毛 失敗
と、ここまで植毛の失敗についてばかり見ていました。
やっぱり外科手術である以上は失敗確率があるのは否定できません。

けれども最近の技術の発達で、植毛によって満足した結果を得られている人が多いのも事実でした。

3つ上げた失敗の一つ目に関しては体の調子もあるのでコントロールできませんが、他の2つに関してはクリニック選びをしっかりとすればなんとかクリアできそうです。
どういったところを選べば良いのか?となるとやっぱり「経験」が大事だと思うので、私だったら症例数(実際に植毛した数)が多いところを選びます。具体的に言えばアイランドタワークリニックです。

症例数は2万件で、植毛の国内シェア60%と日本で一番植毛の実績があるクリニックになっています。アドバイザー自身も自毛植毛で薄毛の悩みを解決した人たちであるというのも相談しやすく良い所だと思います。

実際に自毛植毛した人の感想・口コミも載っているので一度公式サイトを見てみてください。

↓↓↓
アイランドタワークリニックの公式サイトはこちら